【入初式2017】歴史ある祭礼「有馬温泉入初式」に行ってきた!

有馬温泉では毎年1月2日に「有馬温泉入初式」が行われます。2017年も1月2日に有馬温泉で「入初式(いりぞめしき)」が行われたので行ってきました。

 

有馬温泉「入初式」2017

有馬温泉で毎年1月2日に行われる「入初式」は昔から続いている伝統行事で、大国主神(おおくにぬしのかみ)別名大己貴命(おおなむちのみこと)などに感謝と温泉の繁栄を祈る行事となっています。

そしてこの「入初式」「神戸市地域無形民俗文化財」にもなっているんです。

 

有馬温泉「入初式」次第

有馬温泉「入初式」「温泉寺」から始まり有馬温泉小学校の文化講堂を目指します、途中「金の湯」で初湯をいただきます。そして文化講堂で行事が終わり次第「温泉寺」に戻ります。

 

文化講堂では神式礼拝、湯もみ、仏式礼拝、入初式のうた、祓い行事などが行われます。

 

「文化講堂」から「温泉寺」へ

閉式後「練行列」は温泉寺へと向かいます。

 

温泉寺へ向かう途中「太閤通」「戻せ、返せ」の行事が行われます。

 

沿道の見物人も一緒に「戻せ、返せ」と掛け声を掛けます。

 

そして最後の難関階段を登って温泉寺へ戻ります。

 

さいごに

文化講堂で行われる「入初式」は一般の人も自由に見学できます。歴史ある伝統行事を見るチャンスとなっているので正月に有馬温泉にいる方は是非見学しください。

また来年2018年も1月2日に「有馬温泉入初式」が行われる予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です