【飛び出し坊や】話題の有馬温泉街にある不気味すぎる看板4選!

あの有馬温泉街に存在する不気味すぎる「飛び出し坊や」気になっていましたよね?なぜあんな不気味なのか?なぜ何体もあるのか?

今回はあの不気味すぎる「飛び出し坊や」の正体を暴きたいとおもいます。

 

「飛び出し坊や」とは?

そもそも「飛び出し坊や」ってなに?と思われた方も多いのではないでしょうか。飛び出し坊やとは正式名称ではなく他にも色々と呼び方があるようです。

基本的には、通学路なのど児童が多い場所に設置されている看板のことです。ドライバーなどへの注意を施すために設置されています。

 

不気味すぎる「飛び出し坊や」の正体とは?

有馬温泉街のアチラコチラで見かけるこの不気味すぎる「飛び出し坊や」の正体とは?

以前有馬温泉街で行われた路地裏アートプロジェクトの作品です。開催期間中は有馬温泉街の至る所にアート作品が展示されていました。

 

もちろん路地裏アートプロジェクト終了後は数々の作品は撤収されましたが不気味すぎる「飛び出し坊や」はなぜかそのまま残されたという。

実は、この不気味すぎる「飛び出し坊や」にはモデルが存在するんです。看板の顔は有馬温泉で働く各旅館などのスタッフがモデルになっています。

この不気味すぎる「飛び出し坊や」を制作したのはアーティストの小川しゅん一さんで作品名は「飛び出し坊やたち」です。

 

そしてこの「飛び出し坊や」実は有馬温泉街に全部で9体あるそうです。

有馬温泉街のちょっと変わった看板を巡る「飛び出し坊や」巡りも面白いかもしれません。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回は、有馬温泉街にある不気味すぎる「飛び出し坊や」の正体に迫ってみました。これでなぜあの不気味すぎる「飛び出し坊や」が存在するのか、何体あるのか?がわかっていただけたと思います。

それでは是非有馬温泉に来た時の観光の参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です