【極楽泉源】太閤秀吉が作らせた湯殿へ金泉を送っていた泉源!?

有馬温泉にきたら定番の泉源巡りはオススメです。その中でもあの太閤秀吉が作らせた「湯殿」へ金泉を供給していたとして有名な「極楽泉源」は外せません。

近くにある「太閤の湯殿館」と一緒に是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

有馬温泉「極楽泉源」

太閤秀吉が作らせた「湯殿」に金泉を供給していたといわれる泉源です。有馬温泉「極楽寺」の裏側にあり鉄塔が目印となっています。

撮影スポットとしてはあまり好ましくないですが「極楽泉源」は有馬温泉を代表する泉源の1つでもあります。是非近くを通りかかった際には立ち寄ってください。

 

「極楽泉源」の泉質

極楽泉源の泉質は、「含鉄・ナトリウム一塩化物強塩塩泉」で深さ約240mから湧き出ています。温度も93℃と高温になっているので常に白い湯煙が立ち上っています。

極楽泉源の主な効能としては、冷え性、腰痛、筋・関節痛、末梢血行障害などに効果があるとされています。また殺菌作用もあり感染性皮膚疾患や慢性湿しんに効果もあります。また保温効果も高く温泉後には身体がポカポカとします。

 

「極楽泉源」の場所

有馬温泉駅を出て右へ進むと「ゆけむり広場」へ到着。そのまま進み「太閤通」を右へ曲がり、次に「阪急バス案内所」を左に曲がる。「金の湯」を右に曲がり十字路を左にまがり階段を上る。後は道なりに進むと右側にあります。

少しわかりにくいですが「極楽寺」「銀の湯」の間にあります。

 

さいごに

いかがだったでしょうか?太閤秀吉が愛した有馬温泉、そして秀吉が作らせた「湯殿」に金泉を供給していた「極楽泉源」!歴史を感じますね!有馬温泉街には7つの泉源があるので是非観光に泉源巡りなどはどうでしょうか?

それでは有馬温泉の観光スポットの参考にしてください。

極楽泉源オススメ度★★★☆☆(極楽泉源単体ではそこまでオススメではないですが、泉源巡りの1つ又は太閤の湯殿館と一緒に立ち寄るならオススメです。記念写真は少し撮りにくいです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です