知っているようで知らない神戸電鉄「有馬温泉駅」について!

有馬温泉の最寄り駅がどこかきになりますよね?

答えは至って簡単「有馬温泉駅」、しかも神戸電鉄有馬線の終点駅となっているので乗り過ごす心配もありません。今回は、そんな「有馬温泉駅」をご紹介します。

 

「有馬温泉駅」情報

有馬温泉へ電車で向かうと必ず「有馬温泉駅」で降りることとなる。そんな有馬温泉駅は1928年に開業、現在神戸電鉄有馬線の終点駅となっている。

大阪からは約60分、三宮からも約30分と意外と都心から近い有馬温泉。初めて有馬温泉を訪れる観光客の中には大阪からこんなにも近いとは思わなかったなどと声が聞こえてくる。

ただし三宮駅⇔有馬温泉駅は約30分にもかかわらず運賃は930円と高い!また三宮→谷上(乗り換え)→有馬口(乗り換え)→有馬温泉と三宮からでも「谷上」「有馬口」の2箇所での乗り換えが必要となる。

 

「有馬温泉駅」構造

有馬温泉駅改札口を出るとすぐ左がお土産屋さんとなっていて駅に降り立った観光客に試食を勧めてくる。

 

そして駅の2階はきんせん堂「有馬茶坊」ではぼっかけうどん800円や珈琲250円などがいただける。

営業時間は9:00〜18:00

 

有馬温泉駅構内にはトイレ、コインロッカーなどもあるので必要ならば利用しよう。

 

有馬温泉駅のロータリーには各旅館・ホテルのバスが待ち構えていてそれぞれの旅館・ホテルへと送っていく。駅を出てすぐ右側にはタクシーが待機しているので必要ならば利用しよう。

 

さいごに

今回は、有馬温泉駅についてご紹介しました。有馬温泉駅の2階に飲食店があるなんて知らなかった人もいるのではないでしょうか。

それでは是非有馬温泉に来た時の参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です